甲状腺疾患

甲状腺とは

甲状腺とは喉仏の下にある蝶々が羽を広げたような臓器です。
身体の代謝をつかさどるホルモンを分泌しています。
甲状腺の病気は、甲状腺にしこりが出来る疾患と甲状腺ホルモンの分泌が多すぎたり、
少なすぎたりという甲状腺機能異常の2つに分かれます。

*問診票を事前に印刷しご記入いただくことで、
当院ご利用の時間短縮にもなります。 

症状について

甲状腺のしこり

甲状腺のしこりには良性のしこりと悪性のしこりがあります。触ってわかるしこりもありますが、偶然、頸動脈エコーなどでしこりがわかる場合も多いです。 超音波検査と細い針で細胞を抜き取る検査をおこないます。

甲状腺機能異常症

甲状腺は身体の代謝を司るホルモンを主に出しています。甲状腺ホルモンの分泌が亢進したり低下したりすると種々の症状が出ることがあります。 血液検査で甲状腺の働きがわかります。治療は主に薬物療法となります。

甲状腺機能亢進症

甲状腺からホルモンが過剰に分泌している状態です。 症状としては体重減少、動悸、息切れ、脈が速くなる,手が震える、汗をかきやすいなどです。

甲状腺機能低下症

甲状腺から分泌されるホルモンが少ない状態です。 疲れやすい、気力が出ない、まぶたが腫れぼったい、眠気が強い、寒がり、便秘、体重増加、記憶力低下、声がかすれる、動作が鈍くなるなどの症状がでます。